09, 2017 07:29

夏は冷しゃぶ・茉莉花風♪

おはようございます、茉莉花です。

歴史的な長寿台風になった5号NORUさんですが、7月21日の発生から今日の9時で丸19日、歴代2位になるところだったんですが、午前3時に温帯低気圧に変わったそうで、18日と18時間、観測史上第3位だったそうです。
それにしても、長かった~
台風の経路跡が、まるで何かの暗号のように見えます。

今日もまた暑くなりそうですね。
昨夜は暑さ吹きとばしメニュー、わが家の夏の定番・冷しゃぶを作りました。


ASN170802.jpg ASN170801.jpg


作ったと言っても、ほとんど盛り合わせただけですけど(^▽^;)
これは昔、義母がよく作っていた普通の冷しゃぶに、私なりの工夫を加えた、わが家のオリジナルレシピです。



menuimg.jpg
冷しゃぶ 茉莉花風(2~3人分)

     豚薄切り肉 ・・・・・・  300g
     片栗粉 ・・・・・・・・・ 適量
     レタス ・・・・・・・・ 4~5枚
     豆苗 ・・・・・・・  1/2パック
     しめじ ・・・・・・・  1パック
     マロニー ・・・・・・・・ 適量
     かいわれ大根 ・・・・・・ 適量
     薬味・ハーブ ・・・・・・ 適量
     (みょうが・青じそ・コリアンダー
      フェンネル・パセリ・バジル等)
     ポン酢
       醤油 ・・・・・・・・・  大4
       スダチ果汁 ・・・・・・  大4
       煮切りみりん ・・・・・  大2
       昆布だし ・・・・・・・  大1




① 豚肉に片栗粉を薄くまぶす。
② 鍋にたっぷりの湯を沸かし、①の豚肉を茹でて(茹ですぎ注意)、冷水にとる。
③ みょうがと青じそは細切りにする。
④ 豆苗、しめじ、マロニー、ハーブ類を適度にゆがく。
➄ 大きめの器に盛り付けて、冷蔵庫で冷やしておく。
⑥ 材料を混ぜ合わせてポン酢を作る。

『美味しんぼ』の中で海原雄山が「牛肉を一番まずく食べる料理法はジャブシャブだ」と言っていますが、その理由は肉の旨味をだしの中に逃がしてしまっているからだそうです。
確かにそうですね。
今回は豚肉を使っていますが、これでも同じこと。
それではどうすれば良いのかと、考えてみました。

茉莉花風と言っても、特別なことをしてるわけではありまませんが、ポイントは豚肉に片栗粉をまぶすというところです。
こうすると茹でるとき豚肉の表面に薄い膜ができて、肉の旨味を閉じ込めて逃がさす、とても美味しくなります。
トロッとした口当たりも良いですよ。
これでどうだ~ 雄山!!<( ̄^ ̄)>

豚肉はあまりいいものではなく、安価なバラ肉などのほうが美味しいです。
茹ですぎると美味しくないので、中まで火が通ったらすぐに引き上げます。

材料は特に用意するのではなく、あるものを使っています。
分量も適当(^▽^;)
かいわれ大根はキッチン栽培したものを使いました。
今回使ったものの他に、トマトやナスなどの夏野菜、春菊や水菜、ワカメなどの海藻類を使っても良いですね。


ASN170803.jpg


ボン酢に使う柑橘類は、お好みのものを何でも良いです。
私は実ったばかりのスダチを使いましたが、まだ少し早かったようです。

市販のポン酢でも良いですけど、ほんのちょっとの手間でできるし、自分で作った方が断然美味しいです(^_-)-☆
因みに、市販されているポン酢に使われている柑橘果汁は、ほとんどが橙の絞り汁だそうですが、果汁100%ではなく醸造酢が混ぜられているようです。


ASN170804.jpg


先月作ったしば漬けが、とても良い色になりました。
少し古漬けっぽくなって、美味しいです。

和食でも洋食でも、私には漬け物は絶対不可欠ですが、ダーはまったく食べません。
自分好みに作れるのがありがたいです(*´∇`*)
今年はお盆過ぎにもう1回漬けます。


ASN170805.jpg


こう暑いとお花もみんな夏バテしていて、元気なのはヒマワリとハイビスカス、スイレンくらいのものですね。
涼しい秋が、待ち遠しい今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


ブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト