こんにちは、茉莉花です。

気が付けば今日はクリスマスイブですね。
メリークリスマス… いやいや、今はちょっとフレンチ気分なので…


IMG191224-01.jpg

Joyeux Noël ジョワイユーノエル☆


さてさて、随分とご無沙汰してしまいました。
前回の記事が10月31日だったので、54日ぶりの更新になってしまいました。
前回記事にいただいたコメントにも、まだお返事も書けていなくてすみません。
実は、11月初めから1ヶ月半ばかり、入院していました。

11月1日早朝、激しい腹痛と嘔吐、呼吸困難に陥り(死ぬかと思った~!)救急搬送されまして、そのまま入院。最初は急性腸炎であろうという診断で、それだったら1週間程度で退院できたのですが、その後の検査で大腸に潰瘍が見つかっちゃいまして~ΣΣ┗(|||`□´|||;;)┛ガーン!!

というわけで長~い入院生活になり、先週の水曜日にやっと退院できました。
一時はお正月を病院で迎えなくてはいけないかも… という状況だったので、何とかクリスマス前に退院出来てホッとしています。
とは言っても主治医の先生の指示では「まだまだ安静に」ということなので、当分はおとなしくしているつもりです。


IMG191224-02.jpg


今日のオマケは、11月上旬に咲いたサフランの花です。
入院中ずっと気になっていたのですが、ダーがちゃんと収穫してくれていました。
私は見られませんでしたけど、お花もたくさん咲いたようです。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ブログ更新はマイペースでするつもりですが、コメント欄は当分閉じさせていただきます。
拍手コメントのほうは開けておきますが、お返事はできませんm(__)mので、ご了承くださいませ。

ブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 

拍手は🐻ちゃんをポチしてください
スポンサーサイト



おはようございます、茉莉花です。

気が付けば10月も今日で終り、今年もあと2ヶ月になりました。
月末は何かと用事も多く、ブログの更新もままならず、またおひさしぶりになってしまいました。
今年中にあと何回更新できるかと、心配になってきます。

先週末のことですが、サフランに最初の花が咲きました。
球根植え付けから37日目でした。


IMG191027-01.jpg


こちらは花がひとつ。
ひとつだけ咲いているのは、もうひと株ありました。


IMG191027-02.jpg


こちらはふたつ。
咲き始めたばかりで花数が少ないですが、葉の間から次の蕾が出ています。
先週花を咲かせていたのは、まだ3株ですが、順調に育っています。
今はもう少し花も多くなっていますよ。

って、のんびりしている場合じゃないんです。
花が咲いたら即収穫!!
花の中にある赤い3本の柱頭を抜き取ります。


IMG191027-03.jpg


花が4つ咲いてるので12本、たったこれだけ…
いやいや、まだこれからたくさんの花が咲きますからね。
とりあえず今日収穫したのは乾燥させておきます。
来週くらいにはこの秋最初のサフラン料理、パエリヤを作る予定です。

サフランを使うのはまだ先のこととして、ハロウィンなので、昨日は南瓜ををくり抜いて器にした、ハロウィン仕様の南瓜グラタンを作ろうかと思ったのですが、寒かったので急変更。
自家製豆腐で湯豆腐を作りました。
自家製豆腐のことは、また次の機会にってことにして~
ちょっとカッコつけて、紙鍋にしようかと思ったんですけど…


IMG191027-04.jpg


本来なら、紙鍋を直接火にかけるのですが … 紙を火にかけて何故燃えない?という疑問はこの際おいといて … 紙鍋とコンロのサイズがあわないので、ひとり用の鍋の中に入れてみました。
あんまりカッコよくないですが、これでも十分役に立ちます。
紙鍋はアクを吸い取ってくれるので、スッキリした味になりました。

鍋料理もいろんなタレを使ったりしますが、今回はシンプルに、ポン酢を使いました。


IMG191027-05.jpg


こちらも自家製のポン酢です。
📝レシピは⇒✨こちら

だし汁で割ったお醤油に、スダチでもカボスでも柚子でも、好きな柑橘果汁をジュワ~っと搾って、各自好みのポン酢を作ります。
ン~マイ!! やっぱり湯豆腐にはポン酢ですねぇ。

ところでこれ、どうして「ポン酢」っていうのでしょう?
(ま~たややこしいこと言いはじめましたよ。この人)
「酢」のほうはわかるとして、「ポン」って何ですか~?
ポン、ポン、ポ~ン!?
わからないことは調べましょう。ってことで、調べたら簡単にわかりました。
ポン酢の語源は、なんとオランダ語の「ポンス」でした。
「ポンス」とは英語でいう「パンチ」… 柑橘果汁に、ワインなどを加えた混成アルコール飲料
元々インド発祥の飲み物なので、他にもいろいろ入れますが、大雑把に言うとこんな感じですね。

江戸時代、鎖国をしていた日本で、唯一外国の情報が入ってきたのは、長崎のオランダ商館を通じてのみでした。だからオランダ語なんですね。
ところが日本酒に柑橘その他の果汁を合わせてみても、合わなかったのか… 今なら焼酎に柑橘果汁を搾ってチューハイ!ですが当時の日本人の口には合わなかったのでしょう。
飲み物にはなりませんでしたけど、たまたま醤油に柑橘を搾ってみたら美味しかったということで、調味料として残り、今に至るのではないかと思います。
ポンスの「ス」に漢字の「酢」を当てたのも、遊び心があって良いんじゃないですか?
後半はほとんど私の推測ですけど、まあ、こんなことだったのでしょう。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 

拍手は🐻ちゃんをポチしてください
おはようございます、茉莉花です。
先日咲ききはじめた四季桜(記事は⇒✨こちら)、花が少しふえてきました。


IMG191021-01.jpg


これは咲いたばかりの花、花びらも蕊も純白です。


IMG191021-02.jpg


そしてこちらは2~3日前に咲いた花、見えにくいですが、少しピンクが入ってきました。

昨日は1日中雨で、せっかく咲いた花も散ってしまいました。
でも春の桜と違うのは、前の花が散っても次の蕾があって、また咲くことですね。
この時期にはチラホラとしか咲きませんけど、これも秋の風情かな?と思います。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*

そろそろ白菜が美味しくなる季節ですね。
白菜たっぷりのお鍋なんかも良いですが、私は毎年この時期からキムチを作ります。


IMG191024-05.jpg


今年も作りました。
📝レシピは⇒✨こちら

姪っ子の旦那さん(韓国人)のお母さん… 何かややこしい(^^;) 私から見るとどういう関係になるのでしょう? 義理の甥のお母さんだから~ あれっ、義姉妹!?
まあ、それはおいといて、そのお母さんが日本に遊びに来られた時に教えていただいた、本格キムチレシピです。
とは言っても、私自身の都合で若干アレンジしていますけど…(^▽^;)

キムチを漬けるためには、ヤンニョム(漬け汁)を作りますが、大事なのはやはり唐辛子ですね。
これは絶対に韓国産のものでなければダメです。


IMG191024-03.jpg


唐辛子っていうのは、栽培する土地の気候によって、味がぜんぜん違ってくるんですね。
日本産の唐辛子でキムチを作ると、韓国の人には「辛すぎる」と言われてしまいます。
同じ唐辛子でも韓国で栽培されたものは、辛いことは辛いのですけど(唐辛子ですから!)、その辛さがとても優しい辛さで、さらに辛味以外の旨味もたくさんあって、味に深みがあります。

ヤンニョムには、唐辛子以外のものもたくさん入れます。
まず何はなくても絶対に入れたいのは…


IMG191024-04.jpg


アミの塩辛!
これを入れなくちゃ、キムチじゃな~い!!
最近は市販のキムチでも、アミの塩辛をちゃんと使っているものがふえてききたようです。
日本では、岡山産のものが良いみたいですよ。

ほかにも、りんご(または梨)とか、大根、人参、ニラ、ニンニク、さらに、レシピには書いていませんが、小魚の塩辛、アワビ、生牡蠣、昆布、松の実、生姜、その他…
ホントにいろんなものを入れます。
そのときにあるものを入れればいいってくらいに考えていますけど。

そしてもうひとつ大事なのが、白玉粉で作るキムチ糊。
ここまでやれば、かなり本格的なキムチになります。
漬けて1週間くらいで、美味しいキムチができます(*^-^*)


IMG191024-06.jpg


今日のオマケ、ブバルディアが咲き始めました。
毎年この時期から春まで咲いているのですが、中央アメリカ原産なので寒さにはと~っても弱くて、暖かいところに置かないと咲きません。
それなら夏に咲けよ!!っていいたくなりますけど、これだから自然って面白いですよね。
そんなわけで、この子は一年中家の中にいます。
箱入り娘? 深窓の令嬢かい!?(^▽^;)

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 

拍手は🐻ちゃんをポチしてください