21, 2019 07:18

ハンショウヅルとアッツ桜✽ヨモギのすごい力@ある愚か者の話

おはようございます、茉莉花です。

前回はひさしぶりにコメント欄を開いいたら、たくさんのコメントをいただき、どうもありがとうございました。
みなさまからのコメント、楽しく拝見させていただきました。
お返事を書いておりますので、ご確認ください。
今後も時間の余裕があれば、開いてみたいと思います。
そのときはまた、どうぞよろしくお願いいたします。


IMG150515-11.jpg


庭の柵に絡まるようにして咲いているのは、モモイロハンショウヅル(桃色半鐘蔓)です。
モンタナ系クレマチスに似ていますが、山野草ですよ。


IMG150515-12.jpg


こちらは原種のハンショウヅル(半鐘蔓)
半鐘(と言っても最近あまり見かけません)に似た花が咲くツル性植物なので半鐘蔓です。
クレマチスにもこんな花が咲く種類もありますね。
ハンショウヅルは、クレマチスと同じキンポウゲ科センニンソウ(クレマチス)属なので、親戚みたいなものですね(^_-)☆


IMG190520-03.jpg


こちらは白花のロードヒポキシス(アッツ桜)です。
写真ではわかりにくいですが、花びらの先に薄いピンクが入っています。
アッツ桜にも濃いピンクとか、真っ白い花もありますが、私はこの白にほんのりピンクが気に入っています。
鉢の中にビッシリと咲いている姿が良いですね。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*

今日もしつこく野草の効能の話(^▽^;)
興味のない方は、スルーでお願いします。

前回記事では、ヨモギ、スギナ、ドクダミの、薬草としての効果・効能について書きましたが、今回はその中のヨモギについて、もう少し書かせていただきます。
私がヨモギの効能で、いちばん凄いと思っていて、実際その効能を実体験したのは止血効果です。

ある愚か者の話をします。
半年ほど前、忘れもしない11月9日のことでした。
いつもはお酒など飲まないダーが、その日はコンビニで25度の焼酎1リットルパックを買ってきて、その夜のうちにパックの半分くらい飲んでしまったのです。
当然ベロンベロンに酔っぱらってしまいました。
まぁ、それはいいんです。たまに飲むくらいは、大目に見ないとね(^_-)-☆

酔っぱらったなら、おとなしく寝ていてくれればいいんですけど(本人も寝酒だと言ってたし)、家の中をあっちこっち、うろつき回っていたんですね。
で、突然、私のところにきて「救急車呼んでくれ~!」
何事かと思ったら、額がパックリ切りて、血がダ~ラダラ…w(゚o゚)w
うろついてる間に何かの角に当たって切ったらしいのです。
すぐに119番に電話して救急要請しましたが、うちは田舎ですから、救急車が来るまで15分くらいかかります。とりあえず応急処置、止血、止血~!
こういうときは、傷口より心臓に近いところをギュッと締めればいいのですが、傷は頭ですから、まさか首を絞めるわけにはいかないし~(^^;)

咄嗟に思い出したのが、外用薬として軒先に吊るしていたヨモギ。
軽い切り傷・擦り傷くらいには使っていましたが、果たしてこんな場合にも効果があるのか?
でも、若杉ばあちゃんから、ナタで足をザックリ切った人の治療をした話を聞いていたので、何もしないよりはマシだろうと思ってやってみました。
横にならせて、傷口に乾燥ヨモギの葉を束にして当てて、手近にあったバンダナで、頭をきつく縛りました。
あとは喉が渇いても、水物は絶対に飲ませない、これも若杉ばあちゃんから教わったことですが、出血してるとき水を飲むと、血が薄くなって余計に悪くなるので、絶対に飲ませないこと。
どうしても喉が渇いて我慢できなくても、ほんの少し舐めるだけにします。

救急車がきて病院へ運ばれた結果、14針縫うケガだったのですが、傷の割に出血量が少ないと、お医者さんが驚いていました。
私は、へぇ、そうなんですか~?と、すっとぼけていましたけどね。
もちろん、お医者さんにヨモギの話などしません。
お医者さんというのは、こういう民間治療については、聞いても無視するか、馬鹿馬鹿しいと言って否定するかのどちらかなんです。
それも気分が悪いので、知らないふりしていました。
搬送してくれた救急救命士さんは、もちろんヨモギのことはご存じでしたけど、一緒にとぼけてくれましたよ(*´艸`)

こんなに凄いヨモギの止血力、ますます信頼するようになりました。
あのときヨモギがなかったらと思うと、ゾッとします。

ヨモギの効果は、もちろん止血だけではありません。
浄血、増血効果も凄いんです。
貧血気味の方には、ヨモギ茶がお勧めですよ。
逆にちょっと血の気が多い人は飲まないでくださいね(^▽^;)

これから梅雨に入ると思いますが、そのあとは暑い夏ですね。
とくに近年の夏は日差しが強くて、熱中症にかかる人も多いですね。
ヨモギには、この熱中症を防ぐ力もあるんです。
お天気の良い日に外を歩いていると、帽子を被っていても、ボ~っとしたりクラクラすることがあって、これは危ないですね。
そういうときは、道端に生えてるヨモギを摘んで、帽子の中に入れて、それを被ってみてください。
頭がスッキリして、気分が良くなりますよ。
ヨモギの量は多ければ多いほど良いですが、あまり多すぎると被れなくなるのでほどほどに。
私は出かける前に、帽子の中にヨモギを入れています。
熱中症だけじゃなく、頭痛やめまいにも、同じ方法で効果がありますから、ぜひ試してみてくださいね(*^-^*)


IMG190520-04.jpg


オマケは、先月末から今月はじめに咲いていたシャガです。
これって写真に撮ると、なかなか本来の色が出ないんですよね~

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーサイト



ブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 

拍手は🐻ちゃんをポチしてください