15, 2019 06:37

くっついてます(*´∇`*)チランジア✿令和になって1ヶ月半

おはようございます、茉莉花です。

チランジアの花序がピンクに色づいていたので、そろそろ咲くかな?と思っていたら、昨日は咲いていました。


IMG190615-01.jpg


チランジアは、エアープランツと呼ばれることも多いです。
花色や形などは種類によって違いますが、こちらは’コットン・キャンディー’という名前がついていて、ピンクの花序に紫の花が咲きます。
花があんまり目立ちませんね(^^;)


IMG190615-02.jpg


チランジアも着生植物なので、植えたりする必要がなく、適当なところに置いておけば根を絡らませてくっつきます。
着生ですが、寄生するわけではないので、他の植物にくっつけても大丈夫です。

以前に、お庭のウェルカムボードに、チランジアをたくさんくっつけられているのを見て、素敵だなと思ってやってみたかったのですけど、まだ実現していません。
チランジアよりも、ウェルカムボードのほうが、気に入ったものがなくて~

チランジアの根は、水分や養分を吸収するものではなく、くっつくためにあるので、水遣りは葉に霧吹きで吹きつけてやります。
加湿になるとその部分が腐ったりするので、遣りすぎに注意ですね。

チランジアはどこにでもくっつきますが、この子たちはバスケットの底にくっついているのです。
どこにくっつけようかと迷って、その間ちょっとバスケットに入れていたら、そのまんまくっついちゃいました。(^▽^;)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*

元号が「令和」に変わって、1ヶ月半が経ちました。
今回は、事前に知らされていたということもあって、すんなりと移行できたようですね。

平成のときは、多くの人が、元号が変わるなんて初めての体験で、しかも突然のことでしたから、ちょっとパニック状態になっていました。
私も当時はまだ、お仕事バリバリやってた頃で、あっちこっちの会社のソフトウェアを平成対応に書き換えるのに大わらわだったことを、今でも昨日のことのように思い出します。
あれから30年、今回はもうお仕事リタイヤしてるし、「ああ、元号変わったのね~」という程度の気分で、のんびりしたものです。

ところでこの「令和」という元号、今までのものほど、深い意味がないように思われるのです。
確かに日本の古典の文献からとられたものですが、ぶっちゃけ宴会の歌の序文だし~(^▽^;)
(令和の出典については⇒✨こちら
どうしてこの「令和」が選ばれたのだろうかと思いながら、この文字をみていて「あれ?」と思いました。
これってもしかして、意味なんかどうでもよくて、単に「和」がついてるからじゃないの!?
昭和の「和」、平成の「平」、令和の「和」… 和・平・和、これを繋げたかったのではないかと…
とすると、次の元号は、やはり「平」がつくものになるのでしょうか?
まぁ、まだまだ先のことで、どうなるかはわかりませんけどね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーサイト



ブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 

拍手は🐻ちゃんをポチしてください