10, 2019 06:45

常夏のハイビスカス🌺食中毒には気をつけて

おはようございます、茉莉花です。

立秋を過ぎても、まだまだ暑いですね。
朝夕は少し涼しくなってきたと思うのですが…
お盆を過ぎる頃には、もう少し涼しくなって欲しいものです。

こんな暑いときにも、ハイビスカスは元気に咲いています。
夏の花というより、温度さえ保てれば1年中咲いている、常夏の花ですね。


IMG190810-01.jpg
フラミンゴハイビスカス ’レッドフラミンゴ’


ハイビスカスにはいろいろな種類がありますが、大きくわけると、オールドタイプ、コーラルタイプ、ハワイアンタイプの3種類になります。

フラミンゴハイビスカスは、コーラルタイプのハイビスカスです。
コーラルタイプというのは、アフリカ東部原産の原種ハイビスカス、フウリンブッソウゲ(この記事のいちばん最後に写真があります)をベースにして交配された園芸種の総称で、花びらに切れ込みが入り、後ろにそり返っているのが特徴です。
本当に、フラミンゴが羽を広げているような花が、とても綺麗です。


IMG190810-02.jpg


ハイビスカスの中でも、ハワイアン系のものは大きくて豪華です。
この花は、赤~黄色のグラデーションで、最初は「どうなのかなぁ?」と思っていたのですが、花が咲いてみたら意外に綺麗でした。
ちょっと暑苦しい感じはしますけどね(;^_^A
それでは少し涼し気なハイビスカスを…


IMG190810-03.jpg


白い小さな花ですが、たくさん咲くので賑やかです。
やっぱり白い花は、清々しくて良いですね。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*

暑いときには熱中症に気を付けなくてはいけませんが、もうひとつ、この時期注意しなければいけないのは、食中毒ですね。
今日はこの食中毒について、ちょっと考えてみました。

食中毒を引き起こす細菌は、空気中にもたくさんいるし、身近な物にも付着しています。
もちろん食品にもウジャウジャと…w(゚o゚)w
だからと言って、そういう食品を食べたら、すぐ食中毒になるというわけではないですね。
食品衛生法では、食品1gにつき細菌の数が、生で食べる食品では10万個以下、加熱して食べる食品では300万個以下のものは、安全な食品とされています。


IMG190810-04.jpg
ハイビスカス ’アイスピンク’


その細菌が、環境の変化などによって、増殖するときが要注意です。
細菌がいちばん増殖しやすい温度は、ヒトの体温前後、35~38℃なのだそうですよ。
猛暑の時期は、細菌も急激に増えそうです。
対策としては
  • 料理をする前や食事の前には、石鹸でよく手を洗うこと。
  • 食品はしっかり加熱調理して食べること。
  • 匂いや味が少しでも変だなと思ったものは食べない。
まぁ、こんなところでしょうか。
でも食品によっては、生で食べたいものもありますよね。
そういうときは、殺菌力の強い酢を利用しましょう。
『マヨネーズ屋さんが書いたマヨネーズ・ドレッシングの本』 井土貴司・著(HANDS BOOK)という本の中に、マヨネーズに細菌を植えつける実験について書かれているのですが、それによると、大腸菌などは6時間、サルモネラ菌、ボツリヌス菌のような強い菌でも24時間で死滅したという結果がでていました。
マヨネーズやドレッシングに含まれている酢の殺菌力は利用したいですね。
野菜サラダなんかは、マヨネーズやドレッシングをかけるだけでなく、野菜にしっかり混ぜたほうが良さそうです。
そういえば、石塚左玄の『食養』にも、「夏は酢のもの」と書かれていましたが、衛生面でも酢は重要だったのですね。

外食の場合は、お店でしっかり衛生管理されてるから大丈夫だろう、なんて思うのは甘いですよ。
飲食店を営業するには「食品衛生責任者」という資格が必要ですが、こんなのは保健所に行って1日講習を受けるだけで、その日のうちに取得できる簡単なものなので、この資格があるから衛生管理は万全だなんていう保証にはならないです。
お店で食中毒を出したりすると営業停止になるので、細心の注意は払っているとは思いますが、それでもときどきニュースになったりしてますものね。
気をつけましょう。

もし万が一食中毒になったとしても、健康な成人であれば、ほとんど2~3日くらいで回復しますが、高齢者や小さいお子さん、また病気とか体調を崩したりしていると、細菌の種類によっては重症になったり、最悪のケースも考えられます。
日頃から体調管理にも、十分に気をつけておきたいですね。


IMG190810-05.jpg
フウリンブッソウゲ(風鈴仏桑花)


これがコーラル系ハイビスカスのルーツ、フウリンブッソウゲです。
ハイビスカスは普通は一日花ですが、フウリンブッソウゲは2~3日咲いています。
花の色や形がサンゴに似ているので、別名をコーラルハイビスカスと言います。
寒さに弱いので、鉢植えにして、冬は暖かいところで越冬させますが、大きくなってきたので移動が大変なんです(^▽^;)
それ以外は問題もなく、比較的育てやすい花です。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーサイト



ブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 

拍手は🐻ちゃんをポチしてください